戦略的コミュニケーション・
コンサルティング

調査・コンサルティング – 通訳 - 翻訳

戦略的コミュニケーション・
コンサルティング

アテナアイリスについて

アテナアイリスについて

アテナアイリスは、異なる文化の間にある溝を、蓄積された経験によって培われた文化的理解と言葉でつなぎます。プロジェクトの実現とさらなる発展に向けて、クライアントと相手側との理解が深まり、関係が構築されるような形で橋渡しを行い、社会における様々な問題の解決に向けた政策調査プロジェクトを支援します。

 

政策調査と戦略的コミュニケーションを10年以上にわたって手がけてきたコンサルタントが、コミュニケーションとプロジェクトのトータルマネジメントを通じて支援します。あなたのビジョンが、私たちのエネルギーと支援によって実現されること、そして国境と文化を越えた関係が広がり、共により良い未来を切り開いていくことが、私たちにとっての使命であり、喜びです。

アテナアイリスという社名は、弊社の活動のシンボルである、ギリシャ神話のアテナとアイリスの2つの女神の名前を意味します。アテナは、知恵と戦略の神であり、そして英雄に助言や助力を与えてその活躍を支え、またアイリスは風の速さで異なる世界を移動し、神々と人間をつなぐ、伝令役を担います。

アテナアイリスは、アテナのように戦略を持って海外にリーチアウトする取り組みを支え、アイリスのように戦略的コミュニケーション支援とコンサルティングを通して、異なる文化圏の間をつなぎます。

サービス内容

戦略的コミュニケーション

 

アテナアイリスでは、「戦略的コミュニケーション」を通じて、海外とのコミュニケーションをご支援致します。

戦略的コミュニケーションとは、「お客様の目指す結果を導くことを目的とする、多言語を介したコミュニケーション支援」です。

日本語を介さない相手と通訳・翻訳をはさんでコミュニケーションをとろうとする際、逐語訳では訳者が話す間に間があいてしまうことがあり、会話のテンポが遅くなり、時間の制約があるなかでは満足のいくやり取りを行うことが難しいこともあります。また異なる文化圏であるために、日本語と西欧のコミュニケーションスタイルは大きく異なります。成功裏に時間内に会議・面会を進めるためには、言語を単に置き換えるだけでなく、文化的背景や常識・行動パターンも加味した会話、情報交換、交渉の流れを作ることも必要になってまいります。日本語のビジネスメールスタイルは長すぎる傾向にあり、簡潔にポイントを絞ったメールを送る方が良いでしょう。

グローバルレベルで日々刻々と状況が変わっていく現代において、限られた時間のなかで目的を達成するためには、通訳を介した場合でも、効果的・効率的なコミュニケーションが必須です。アテナアイリスでは、クライアントとのコンサルテーションを事前に行い、目的達成に向けて、取引先や訪問先の相手との会話を状況やニーズにに応じて柔軟に対応しながらナビゲートしていきます。我々のミッションは、「クライアントが目的を達成できるように、コミュニケーション面で支援すること」です。

プロジェクトマネジメント

 

言語を介するコミュニケーション支援や海外調査を、まるごとお引き受けいたします。例えば、企画段階から入り、調査、訪問・電話でのインタビューの実施、報告書の作成までを一括でお手伝いします。

お客様にとっては、数カ国にまたがる調査などがある場合、一括してお引き受けすることで、お客様にとっては何度も同じ説明を異なる担当者に説明する手間を省け、異なる文化圏との主要なやりとりは弊社でお引き受けし、お客様には結果の分析やその後の日本側でのアクションなどに集中していただくことができます。

それぞれの状況に合わせ、カスタマイズしてご支援いたします。

 調査

 

現代において、グローバル経済・市場やトレンド、異文化に影響を受けない業界はほとんどありません。

日本国内においてもそれは同じことであり、他の国でもそれは同じです。そうした業界の流れを作る動きのなかに、政府の規制・政策がありますが、特にワシントンDCではそうした政策が、連邦レベルと州レベルのNGO、学界、業界団体、政府機関・議会による有機的で層の厚いコミュニティによって形成されていきます。

こうした情報はインターネットでも配信されていますが、刻々と変わり、特に一次情報源以外の玉石混合の情報からその実態を掴むには、ローカルレベルでのモニタリングすること、ローカルプレイヤーの動きを追うことが肝要です。

アテナアイリスでは、政策調査を10年以上手がけてきたエキスパートがタイムリーに調査し、情報をご提供いたします。

福村真理子

代表

 

アテナアイリス代表。過去10年以上にわたり、米国・ワシントンDCを拠点として、政策決定過程を追い、調査と戦略的コミュニケーションを通じて、外交問題、社会問題、そして最先端科学技術の規制・政策・戦略の策定過程を支援してきた。

ワシントンDCとドイツ・ベルリンのシンクタンクでのインターンシップ後、2004年に調査・コンサルティング会社であるワシントンコアにおいてプロジェクトマネージャーに着任。以後10年に亘り、科学技術や外交・安全保障分野における、150以上の規制・産業政策調査プロジェクトを手がけた。米国、欧州、アジアにおける300件以上のインタビューや通訳同行をこなし、相手国の各分野・業界を率いる主要プレイヤーと日本のプレイヤーとの関係の構築に奔走し、政策策定の寄与に努めてきた。2015年にはサバティカルを設け、グアテマラを旅し、メキシコで生活しながら、スペイン語を学び、北米と中米圏の文化理解を深めた経験も持つ。2016年、コンサルティング会社アテナアイリスを設立。

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)、太平洋国際関係学修士号取得。青山学院大学・国際政治経済学士号取得。

 

お客様の声

|

アテナアイリスは、独自のネットワークを活用して予想以上の範囲でインタビュー候補先へコンタクトを展開してくれました。アポイントメントもすばやく行ってくれたおかげで大変助かりました。インタビューの準備はしっかりしており、インタビューの進め方も円滑にしてくれたと思います。調査後の報告についても、複数の情報源を活用してインタビュー内容を補ってくれ、しっかりした報告書となりました。次の機会があれば、また一緒に調査事業を行いたいです。

吉田哲 先生
日本国弁理士/米国特許事務所

|

アテナアイリスは、ワシントンDCのシンクタンク研究員や大学研究者などを対象としたフィードバック調査イベントの開催に向けて多大なる支援を行った。イベント開催まで短期間という条件の下、責任を持ってスケジュール調整に尽力したほか、我々の開催意図や主旨を迅速に汲み取り細かな要望に対処しながら、広範囲にわたる専門家を召集することができた。アテナアイリスの支援により、参加者から有益な情報を得たとともに、今後の我々のプログラムの改善に向けた具体的な視点を把握することに成功した。同社の貢献度や専門性、卓越した創造性を背景として、今後もアテナアイリスと共同で密に取り組み、高質なプログラムの開発に努めたい。

コンサルタント
調査会社

|

アテナアイリスは、独自のネットワークを活用して予想以上の範囲でインタビュー候補先へコンタクトを展開してくれました。アポイントメントもすばやく行ってくれたおかげで大変助かりました。インタビューの準備はしっかりしており、インタビューの進め方も円滑にしてくれたと思います。調査後の報告についても、複数の情報源を活用してインタビュー内容を補ってくれ、しっかりした報告書となりました。次の機会があれば、また一緒に調査事業を行いたいです。

吉田哲 先生
吉田哲 日本国弁理士/米国特許事務所

|

アテナアイリスは、ワシントンDCのシンクタンク研究員や大学研究者などを対象としたフィードバック調査イベントの開催に向けて多大なる支援を行った。イベント開催まで短期間という条件の下、責任を持ってスケジュール調整に尽力したほか、我々の開催意図や主旨を迅速に汲み取り細かな要望に対処しながら、広範囲にわたる専門家を召集することができた。アテナアイリスの支援により、参加者から有益な情報を得たとともに、今後の我々のプログラムの改善に向けた具体的な視点を把握することに成功した。同社の貢献度や専門性、卓越した創造性を背景として、今後もアテナアイリスと共同で密に取り組み、高質なプログラムの開発に努めたい。

コンサルタント
調査会社

お取引先

アテナアイリスの強み

海外から日本へ、日本から海外へ。
双方に必要な橋渡しを包括的にご支援します。調査から調査派遣団の引率、アポの確保、インタビュー(聞き取り)の実施、報告書の作成など、アテナアイリスの強みを駆使して総合的にお手伝いいたします。

 

多文化理解

欧州・中米での長期滞在に加えて、米国と日本にはそれぞれ実際に15年以上住んだ経験のあるスタッフがプロジェクトをリードします。言語だけでなく、各地域の文化的背景や行動パターン・商習慣の違いを理解し、プロジェクトを成功させるための、包括的なコミュニケーションノウハウをもってご支援します。

 

地の利

アテナアイリスの拠点は、米国連邦政府機関、議会、業界団体や世界銀行などの国際機関が集まる、 米国の首都ワシントンDCです。各組織へに迅速にアクセスできるだけでなく、この街のリズムを理解しています。

 

裏打ちされた経験

これまでに300件以上のインタビューをこなし、米国、欧州、アジア、アフリカの70以上の国に関する150件以上のプロジェクトを実現させてきた、実績のあるスタッフが対応します。

多文化理解

欧州・中米での長期滞在に加えて、米国と日本にはそれぞれ実際に15年以上住んだ経験のあるスタッフがプロジェクトをリードします。言語だけでなく、各地域の文化的背景や行動パターン・商習慣の違いを理解し、プロジェクトを成功させるための、包括的なコミュニケーションノウハウをもってご支援します。

地の利

アテナアイリスの拠点は、米国連邦政府機関、議会、業界団体や世界銀行などの国際機関が集まる、米国の首都ワシントンDCです。各組織へに迅速にアクセスできるだけでなく、この街のリズムを理解しています。

裏打ちされた経験

これまでに300件以上のインタビューをこなし、米国、欧州、アジア、アフリカの70以上の国に関する150件以上のプロジェクトを実現させてきた、実績のあるスタッフが対応します。